ZTE 5Gルーター A102ZT レビュー

ガジェット

真の5Gモバイルルーター

ばっちぷろぐらまー

ymobileから発売されている5G対応のモバイルルーターが中古ショップ(じゃんぱら)でほぼ新品で売られていたので買ってみました。

たしか5000円でした。

スペック

対応Band

  • 5G (n3/28/77/78)
  • 4G(1/2/3/4/8/11/12/17/28/41/42)
  • 3G(1/2/4/8)

Wi-fi : 802.11 a/b/g/n/ac/ax
最大速度 下り最大2.4Gbps/上り最大110Mbps
最大同時接続台数 30台
重量 240g
サイズ W141×H69×D15.9mm
バッテリー 5300mAh
SIMサイズ nanoSIM
接続端子 USB Type-C 3.1

引用:https://www.ymobile.jp/lineup/a102zt/

2021年7月16日発売の執筆時点においてYmobileでは最新のルーターです。

バッテリー容量

バッテリーの容量が驚異の5300mAhとなっており、今までのモバイルルーターと比較して長時間の運用が可能

・・・ではなそうで、公式ページによると連続通信時間は5Gの場合は約5時間、4Gの場合は約7.5時間、AXGP(Band41)の場合は約9時間となっており、今までのモバイルルーターと比較しても特筆して長いわけではありません。

それどころか、公式ページと実際に搭載されているバッテリーの容量が違います。どういうことや・・・

よく見たら5900mAhって書いてあるバッテリー。公式ページでは5300mAh

なお、A101ZT(本機のSoftbank版)のWebページによると急速充電に対応しており、本機を180分で満充電できるようです。

SoftBank SELECTION USB PD対応 USB TypeーC 急速充電ACアダプタ[SB-AC20-TCPD]によるフル充電までにかかる時間の目安です。

https://www.softbank.jp/mobile/products/data-com/pocket-wifi-5g-a101zt/

この充電器の出力が

DC5.0V/ 最大3.0A、DC7.0V/ 最大3.0A、
DC9.0V/ 最大3.0A、DC12.0V/ 最大2.25A

となっており、27Wで充電した場合で180分ということでしょうか。未検証。

カメラ部が分厚いXiaomi mi11 Ultraと比較してもなおブ厚いです。

本機(左)とXiaomi mi11 Ultra(右)

これだけ大きいバッテリーを積んていても公称使用時間こんなもんなので、5Gのチップの燃費が悪いのでしょうか。今後に期待です。

対応バンド

Softbankが国内で運用している5Gおよび4GのBandにはすべて対応しています。驚いたのは、Softbankが運用していない5GのBandであるn78にも本機は対応していることです。よってKDDIの5Gにも対応、ドコモにも一部対応ということになります。本機の前機種にあたるA004ZTでは5Gのn78には非対応だったので、良い進化だと思います。

しかし4Gはプラチナバンドと呼ばれるKDDIのB18/26、DocomoのB19に非対応なので、5Gエリアでガンガン使うという目的以外はおとなしくSoftbankのSIMで運用したほうが良さそうです。

タッチパネル搭載

わざわざ書くことでもないのですが、先日紹介したNECの5Gルーターはタッチパネル非対応で操作性に難がありました(主観)。本機は今まで通りタッチパネルでの操作ですので、今までモバイルルーターを使っていた方もとっつきやすいと思います。UIも今までのZTEのルーターとほぼ同じですし、私は操作で迷うことはありませんでした。

USB Type-C 3.1

言わずもがなですが、5G環境においてUSBでPC等に接続した場合にUSB3.0以上に対応していないとUSBがボトルネックになるのでUSB 3.1対応は素晴らしい対応です。

もちろん付属のUSBケーブルもUSB3.1 対応なのですが、一つ言うとしたら慣習的にもUSB端子の色を青にしてほしかったですね。

クレードル(別売)アリ

クレードルば別売にはなりますが、発売されています。

Ymobile公式で5462円(税込み)で販売されていますが、執筆現在(2021/12/12)売り切れとなってます。

クレードルを利用することで有線LAN接続ができるようになります。クレードル利用時のLANの通信速度は不明ですが、おそらく1Gbpsと思われます。情報お持ちのかたいらっしゃいましたら教えてください。

本機の前機種にあたるA004ZTはクレードルなしに有線LANが利用可能です。オタク的には標準で有線LAN端子が搭載されていると便利だなと思います。

シャープの5Gルーターもそうでしたが、最初の5Gルーターは巨大・有線LAN搭載だったのが、後継機では小型化・有線LAN去勢となってます。有線LANの需要はあまりなく、それよりコストダウンを求められているということでしょうか。

2.4/5GHz同時利用可能

本機はSSID Bを利用することでWi-Fiの2.4GHzと5GHzの同時利用が可能です。古くて2.4GHzしか対応していない機器と、5GHzで高速通信したい機器の同時利用が可能です。

バッテリーレス運用

本機はバッテリーの取り外しが可能なのでユーザーによるバッテリーの交換が可能です。公式ではバッテリー単体も売られており、価格は執筆2021/12/12現在で9166円です。高い・・・

バッテリーが外せるということはバッテリーレスで運用できると期待したくなりますよね。検証しましたが・・・

外した直後は期待通り動作するものの、バッテリーが取り外されたことが検知されたのかすぐに自動的にシャットダウンしてしましました。

よってバッテリーレス運用は不可でした。まあ、過去のZTE製品からしてもできるとは思っていませんでしたが・・・

まとめ

完成度の高い5Gのモバイルルーターが登場しました。Band的にはKDDI,楽天、一部ではありますがDocomoの5Gも使えるルーターですので、手頃な価格で販売されていたらぜひゲットしたいルーターです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました